自己紹介

プロのカメラマン

になりたいと

思い始めたのは

高校時代からでした。

母は画家でした。でもその血は継いでないかと思えるくらい絵は苦手

そこで写真なら風景を切り取るだけで大丈夫だと憧れを抱きました。

リコーのコンデジを1997年に買い色々と撮ってました。愛猫だったり家族だったり風景だったり

大学を卒業して就職したのは、猛烈なブラック企業でした。過酷な環境でしたが写真と言う趣味が人生を明るくしていました。

就職した企業は過酷さがゆえにメンタルを壊しやめることになり静養期間がしばらくありました。

静養期間はカメラ片手に神奈川の観光名所だったりお祭りだったり風景を撮ったりしてました。

尊敬する写真家さんが登壇すると言う事でCP+と言うイベントを知りそれが「御苗場」と言うイベントもあることを知りました。

御苗場は出展料を払えば自由に表現できる日本最大規模のグループ展です。

2010年に参加した際、【PHaTPHOTO 写真教室】に出会いました。生徒さん達の写真が自分にはないカラーだけどとても素敵でビックリし、同時に憧れました。

その頃から、プロカメラマンを意識してました。同じ時期に通信の写真講座を受けていて、先生に「プロカメラマンになりたいのですがどうしたらよいのですか?」と質問したら「コンテストに応募するといいですよ」とアドバイスがありとある雑誌に何度か応募するも予選通過すらなく、ある時自分の写真のカラーは雑誌「PHaTPHOTO」の方が楽しそうだと思った時にタイミングよくPHaTPHOTO写真教室に入学しました。

協調性もなく自分が自分がと言うような性格でしたが恩師の杉原先生をはじめクラスメイトがみんな素敵で受け入れてもらえたのは今でも感謝しています。

無事に3年の過程を経て更に専科クラスにも行き、ご縁があり個展も開けました。そして2016年12月に妻と交際を始めました。

妻はとても理解のある人で、母は現代美術家協会(現展)の元準会員でしたので自分もチャレンジしたいと言う思いがありました。ただ母が難色示したので悩んでた際「貴方が思うようにすれば良い」と妻に背中を押してもらい応募したらなんと入選しました。いきなり応募して当選するのは珍しいパターンらしいです。

妻とは職場の同僚でした。自分が仕事について努力をしながらも大変な思いもしているのも理解してくれていたのですが、本当にやりたい事は何だろうと思った時にプロのカメラマンになりたい思いは変わらずありました。会社で内緒にしてましたがカメラマンのアルバイトもしてました。そして機材もある程度揃ったタイミングで、自信もつき背中を押されて転職をしました。

最初はスタジオ系、結婚式や成人式などの撮影する写真館に応募するもなかなか決まらなくてめげそうな中、思い出した事がありました。

一眼レフを始めた頃、研究室の同窓会で仲間に「修学旅行などの引率カメラマンになりたい」と話していた事をです。

それでスクールフォトグラファーの道を歩みました。最初は枚数撮っても半分はボツになる感じ、それでもめげずに努力しました。仕事量も最初は乏しく苦しかったです。

だんだん実績を重ねながらも課題は常にありました。少しずつ乗り越えてやっと今があります。フリーランス2年目にしては頑張れているのかなと言う印象です。そして4月で3年目です。着実に成長が見えてうれしかったりします。

スクールフォト以外にも人を撮る仕事を増やしていく予定です。現在ライブ写真の撮影や、アーティスト写真の撮影および結婚式の2次会の撮影もしてますがどんどん手持ちのカードを増やしていきたいです。

もっと仕事も増やしていく予定です、機材もさらに充実させ。結婚式も控えているのでプライベートも幸せでいたいです。

そして思うのが今が1番幸せだという事です。妻と今の環境と人間関係に感謝しております。

将来の夢はたくさんの幸せを撮って絶大に信頼されるカメラマンになること、仕事が楽しくて仕方ない毎日になる事、そして家族とずっと幸せに暮らすことです。